バックナンバー

5年生の夏くらいやったかな、

朝起きたとたんに、言葉がいっぺんに吹き出してきた。

だから、それまで、頭のなかにいっぱいあったんやろうね。

それからは、言葉の洪水。

ヘレンケラーでウォーターの場面あるでしょ?

ポンプで水を汲むシーン。

あれと一緒

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

父兄会ではアツコがクラスにおると勉強ができやん、

いうて必ず言われるんさ。

だから、行くと、人の間に隠れて、じっと息をひそめとった。

あんな時に行かんとなにを言われるかわからんとおもうて、

必ず出席するんやけど、

そうするともろに、いわれるんや。

中学校の時が一番辛かったね。

悔しくって泣いて、悲しくってないて。

だから、ものいうたら、すいません、しか言われへんかった。

障害の子持っとったら、ほんとすいません、しかないよ。

迷惑かけてます、すいません、すいません。って。

それをずーっと言い続けてきた。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

中学校を卒業した時に、わかば学園(特別支援学校)へ行って入学式行ってびっくりして。

今まですいませんすいません、うちの子が迷惑かけてますーってなったけど

みんなが障害者やもんで。

他の母さんらも、胸張ってるんやんか。

私は、言われるばっかりで、小さくなって生きてきたで

胸はって生きてきた事がなかったんやけど

あー、ここには気楽に来れるーとおもた。

 

2年生の時に先生にPTAの役員を打診されて、

通うのに1時間かかるし、私中学までしか出てないし、自信なかったんやけど

先生が知力は僕らがカバーしますんで、体力だけよろしくお願いします、、っていうてくれて。

それから、楽しくなって。

味をしめて3年生のときもやらしてもろうた。

みんな、同じ障害というものをもっとるもんで、心が通じるというか

今迄にはなかった感覚やったんよ。元気もらった。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

ある日ね、うちの夫が板場さんしているもんで、

母さんらに料理教室をやってくれといわれて。

同じ板場で超男前のタイセイ君を連れて旦那と私と3人で行ったわけ。

私はそれまでずっと泣いとったやろ。

そんな沈んだ母さんだらけの場所へ

俺はどんな顔して、入って行けばええのかずっと考えとったって

夫から後になって聞くんやけど

ほんで、こんにちわーってガラっと開けたら、

まぁ、その母さんらが「きゃー!!」っていうて迎えてくれて。

こっちはジャニーズみたいな男前のタイセイ君連れとるもんでな。

もう、いっぺんで父さんは、ほっと胸をなでおろして。

大きなブリを解体したんやけど、

母さんらはみな、喜んで喜んで、大盛況やったんや。

「父さん、タイセイ君つれてきてよかったなぁ」

いうて笑うて、笑うて。

「俺は、ほんとに今日、どんな顔して行こうかとおもたけど、

えい一日やったわ。お前も役員して元気になった意味がわかったわ。

お前が元気でおってくれることが一番や。」とというた。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

今迄泣いてばかりいるわたししか知らんからさ。

「お前がこの中で元気でおってくれるんなら、若葉でなんでもやってやりたい」そういうて

せっせと宝くじ買うてくるんや。

「もし当たったらな、若葉に寄付するんや。あの子らぁになんかしてあげたい。

ここへ来たらお前が元気でおれる、あつこが元気でおれる。こんな嬉しいことはないな」というて。ま、結局当たらんかったけどね、ふふふ。

無駄な事は一切いわんよ。

口数は少ないけど、ものすごい私のことを心配してくれとるね。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

結婚してからも喧嘩したという事は2回くらいしかないな。

やっぱり6つ違うもんで、大人なんやな。

私がケンカ売っていっても買わへんし。

ほやから息子にはいうとんのや。

「もし、母さんが先に死んだらな、父さんにありがとうな、というといてぇな。

母さんは一代幸せやったよ、いうて」と、遺言してある。

 

敦子があるよって、この絆が強いのやろうなぁとおもう。

あの子のおかげで、なんとかしていかなぁいかん、と必死でやったきたらからね。

この子が若葉行ったらさ、三分の1くらい夫婦が離婚しとる。

こんな子産んでって別れとるんやな。

姑がこんな子しかよう産まんかというてくるし、

旦那も嫌やっていうてくるし、かまってくれん旦那もいっぱいおる。

結局、嫁さんが悪い事にされることになる例が多いみたい。

うちは、二人で必死になって敦子を育ててきたから。二人三脚もえいとこよ。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

息子が中学校3年の時に、敦子の存在を嫌がる時があって

先生が家庭訪問できてくれた時に「先生、テツオがこういうこというんですー」って相談したら

先生は「ははは」って笑うんやんか。

「先生、私がこんなに悩んどるのになんで笑うんですか?」っていうたら

「お母さん、順調に成長してますね」って。

「なんで?」っていうたら

「それが思春期というものです。それがなかったら、大人になったとき、暴力ふるったり問題起こしたりするんやよ」っていわれて、ちょっと心が軽くなった。

ある時、テツオにぽつんといわれた。

「母さん、このうちにとっておれはいらん子か?」

「なんで?あんたはこのうちで一番大事な子や」

「だって、母さん、毎日敦子って100回いうてもテツオっていうのは1回もでてきやんへん」

「でも、あつこは褒められてへんやろ?敦子ちょっと待てーとか、こらー敦子ーっていうてずっと怒られとるんやん」

「怒られとるでもええで、テツオって呼んで欲しい」

っていわれた。

あれが一番ショックやったな。

ハンマーでコーンと頭を殴られたような気がした。

私は兄弟やもんで、兄ちゃんやもんで、敦子のことをわかってくれとるとおもっていたの。

けど、そうではなかったのね。

さみしくて、さみしくて、仕方なかったのね。

あの言葉をおもうと今でも息子には申し訳なくて。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

そやけど、テツオが高校生で仲のいい友達が10人できたん。

「母さん、僕って幸せなんやな」っていうてきた。

「俺はあつこがおって、ものすごい辛くて、こんな不幸はないと思うとった。

でも10人の友達をみてみると、父さん母さん離婚しとる子が半分くらいおんのや。」

家を出て、アパートかりて、必死に働いとる子もおんのや。

そんなことおもうたら、父さんおる、母さんおる、小さいけど家もある。

俺って幸せなんやな、とおもうた。

っていうてくれたの。

あー、息子も成長したなとおもうた。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

嫁さんは4つ上。10人の友達の中の一人、ともゆきの姉ちゃんを嫁にもうたんじゃ。

そして、それもあつこ、とかいうんじゃ。両親は離婚しとった。

高校へ行く時に、ともゆきが寝坊するもんで、

ねえちゃんがいっつもともゆきを送ってきよった。

母さんのない辛さを弟に味合わせたらあかんいうて、

小遣いをやり、自分が働きながら母さんの変わりをしとった。それで、どこに行くにも送ってきいよった。

それで、いつのまにか、うちのんとひっついたという訳や。

それで、長いことつきおうとって、

25歳の厄年になる前に、

「母さん嫁をもらいたいっていうてきて」

「あの子か?」っていうたら

「うん」っていうて。

「あんらがえいやったらえいよ。むこうはなんというとるの?」って問うたら

「おれんとこには敦子っていう障害の子がおるけど、嫁に来てくれるか?いうたら

あんたとこのお父さん、お母さんになんかあったら、私があっちゃんみやええんやろ?

って、いうてくれたで、あの子を嫁にもらいたい」っておもうた。

こっちにしてもこんなに嬉しいことはないからね。

「そりゃ、金のわらじ履いてでももうておいで」って。

ほやけど、むこうも父さん一人やし。

町営住宅に暮らして、また、貧乏どうしや笑。

そうやから、紙切れ一枚でえいよってっていうたんやけど

こっちも、たった一回の結婚やから、

立神の宮さんで小さい結婚式をさせてもうて。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

嫁に着物を着せてやりとうてな。

嫁に内緒で、ジャスコの着物屋に10万持っていって

これで着物をくれ!って。

どんな柄でもえい、化繊でもなんでもえい、

着物と長襦袢、これで支度してって。帯は私が母さんにもろうた立派なもんがあるもんで。

とにかく、嫁さんに振り袖を着せてやりたかった。

 

貸衣装は、たった1回着て、何十万払うのはアホ臭いやん。

だから、新品で自分のものとして買うてやりたかった。

私が小遣いとしてだせるのは、この10万だけやったけど、

その気持ちをくんでくれて「高山さん、ちょうどえいのがあるよ」って

手頃なやつを出してきてくれた。

 

それで、嫁が遊びにきた時に、ちょっとおいでーっていうて

ジャスコに連れて行って、

「これあんたのな、花嫁衣装」って

着物を見せたわけ。

そしたら、まー、嫁さん泣いて、「着物が着れるとおもうてなかった」と。

本当はドレスも着せてあげたかったから、ドレスはどっかで借りてきてあげるからといったら

「お母さん、ドレスはいい。これ一枚で嫁に来たい」っていうてくれて。

貧乏家同士やから、通じるところもあったのね。

で、立神の宮さんで式して、民宿かりて、両家の親戚だけ呼んで、どんちゃん騒ぎしてさ。

私の弟が「ねえよ、ええ結婚式やったね。派手ではないけど、心のこもったええ式やったね」って。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

合同会社 エレマンの気まぐれ商店

コンテンツ・商品に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

E-mail eleman@kimagureshop.co.jp

〒715-0603 三重県志摩市大王町波切928-8(荷作り所)

FAX  0599-72-5052

アトリエ・エレマン・プレザン又はダウンズタウンプロジェクトに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

E-mail aep@w7.dion.ne.jp

© 2015 by element no kimaguresyoten