バックナンバー

 

敦子は授業を聞いとってもわからへんもんで、教科書の余白の白いとこには

みな絵が描いとった。小学校も中学校も。

当時、特別学級というのはなかったし

授業がわからんから、それしか暇をつぶす事がなかったのよね。

養護の尾崎先生が

トモヤマに佐藤さんっていうの先生がおるから、

あっちゃん絵好きならいってみれば?となって。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

勇気をふりしぼって、アトリエ・エレマン・プレザンに電話した。

他の子はダウン症で、うちは自閉で超多動やったので

3分と同じところへ座ってられへんかった。

その度に、コラコラコラーっ、アツコアツコアツコーと走りまわっとった。

けど、「なにができるか分からないけど、一度いらっしゃい」って

マリア様のような声でいうてくれた。

それから、風景が大きくかわりはじめた。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

半年くらい経った時に

上田さんが、

「高山さん、ここへ来とる中であんたが一番幸せなんやで」というてきた。

「なんで幸せなん?わたしこんなにえらいのに」というたら

「ここに来とる子らぁはな、みんなダウンで生まれてな、心臓の手術からしてある。

生きるか死ぬかを超えてきとるんや。あんたとこのあっちゃん、手術したことあるか?って」

「いや、たまには風邪でもひいて寝てくれんかいな、っておもう」と答えた。

多分、私が、辛い辛いっていっぱい言うとったんやろうね。

「ふふっ、そんなことくらい軽いもんや」って言われた。

その時の上田さんの言葉で、この喉に詰まっていたの小石が、

コロンっと転がったような気がした。

上田さんのあの言葉がなかったら、まだ、自分が悲劇のヒロインでおったとおもう。

それから、考えてみると、アツコが辛いんじゃなくて、

私が人の目が辛かったんやろうな。

自分の子をまだ受け入れてなかったんやとおもう。

こういう仲間もおらんかったから、慰め合うとか、励まし合うとかなかったから。

そういう情報も一切なくって、ただ言われるだけやったから。

だから、泣きの涙ばっかりやったんやな。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

今までほんと泣いてきた人生やったけど、もう泣かんでいいね。

上田さんの言葉があって、佐藤先生達に出会って、

肇さんが子ども達は天使だねーっていつもいうてくれたけど

「先生、天使なんかどこにもおらへん、悪魔やったらどこにでもおるけど」って思うとった。

あれはさ、私がそう見られたくないで辛かっただけで

あの子自身は、辛くもんなんにもないのよ。

だけど、この頃、余裕が少し出てきたら、上田さんと

「天使とはいかんけど、座敷童にはみえてきたなぁ、っていうて笑うの」。

あの子がおるよって、幸せがめぐってくる。

どえらい座敷童や。

 

あつこのおかげ、あつこがおってこそ。

あちこちで縁がつながって、展覧会もしてもらい、出版社とも付き合いができて。

それこそ、私はこの志摩の先から出た事がなかったんやで。

それこそ、若者が海外にひょっと行く、それ以上に、私にしたら東京に行く事の方がたいそうなことやった。

そんな私がな、あつこを持ったおかげで、京都、東京、いろんなところへ行かしてくれる。

ええ人生よ。今は。

もう、涙もかれたわ。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

私が佐藤先生らに出会えたのは人生の収穫やな。

で、よし子ちゃんによういうの。

よし子ちゃんの喘息のおかげで、今のわたしらあがおるって。

そう思ったら喘息がありがたくって、ありがたくって。

感じようによってはなんでも幸せになるんよ。

なにひとつ、無駄な事はないわ。

今やでいえるんやけどね。今が本当に幸せやから。

もう泣く人生はえいな。

これからそんなに泣かんでも。

私の周りには助けてくれる人がいっぱいおる。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

敦子は、小学生の頃から、家ではずーっと絵をかいとる。

あんまり毎日かくもんで、邪魔になるで焼いとった。

あつこは帰ってきてただいまーっていうたら、洗濯物をたたんで、それからやな。

朝は、起きて一番に絵を描いて、9時に出勤するまでに絵を描いて。

カレンダーに本にカルタに。

カルタは一日に一組(あーが迄)つくるな。

人にもろうてもらうのが嬉しくって。

今年は5月からカレンダーをかきはじめたわ。

それと、誰の誕生日というのは何十人も頭に入っとるで

それに合わせて、カレンダーやったり、カルタやったりをつくるわけ。

人にあげるのが一番嬉しいんやね。

蓄えておく、というのはない、ない。

上手くかけたから置いておこうとか、

もったいない、とか

そんな執着は一切ないね。親もない笑

 

朝起きてから描いて、仕事行くまでに描いて、帰ってきてからも描いて、寝るまでかいて。

親は紙を買うのに必死。

昔はみな、焼いとった。また、邪魔くさいのできたっていうて笑。

うちにあったらゴミやけど

アトリエに行けば芸術じゃん。

やから最近はぜんぶ、アトリエへ笑

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

ある日、なにげなく紙を渡して

「かるた描いてみぃ」っていうたら

「はい」っていうて。

文字が長かったもんで

五七五にしてみっていうたら

「はい」っていうて。

それで、かるたはほとんど五七五なわけ。

 

確かにな、あつこをみとると、ようネタがきれへんなって関心する。

頭の中にかきたい気持ちがいっぱいなん。

紙がほしくって、紙がほしくって。

白い紙やったらどんな紙でもええ。

ほやもんで、朝、起きたら一番に新聞の広告の裏が白いのを探す。

 

紙を同じようにきちーっと切って、積むの。

それで、まず字札をかいて、ファイルにはさみ、

その字札を見ながら、絵を描いていくの。

一日、だいたい1冊。

どんどん、出てくる。

漢字はものすごいよう知っとるよ。

最近は読む事はできてもよう書かんこと多いやん。けど、よう知っとるわ。

なんせ好奇心の強い子なもんで

一回入れると忘れへんのやね。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

敬子先生曰く、あっちゃんはシャッターをきるみたいに覚えるねぇって。

展覧会言っても5分か10分出てくるの。

ちらっとみて、もう、入ってけえへんの。

でも、シャッターきるみたいにみるから、全部覚えとる。

 

新幹線に乗っても、シュンっと流れていく窓の外の風景を全部覚えていた。

それは関心したね。

家から目的地へ行くまでの、私らぁの会話から見えてきたものから全部書く。

目的地へついたら、その後のことは、もうなにも書かない。

敬子先生があっちゃんは天才だよっていうてくれるけど

敦子自身は、その天才って意味もわからんだろうしね。

 

けど、そういってもらえると、私は幸せでおれる。

私の幸せは父さんの幸せ。

うまい連鎖ができとるな。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

この3月に検診に行ったら、4月に乳がんとわかった。

 

8日に入院して、9日に切りましょうといわれた時、

二つ返事で「はい」っていうた。

「あ、私でよかった、私やったらどんな辛抱でもしておれる。敦子じゃなくてよかった」っておもうた。

先生は、「高山さん、温存できますよ」っていうたけど、それをすると、

あと5週間、日赤まで放射線治療に行かなあいかん。

そんなことはようせん。

「先生、全摘してください」っていうた。

「いいんですか?」と問われたけど迷いはなかった。

「先生、あとなんとしてでも20年は生きたい。父さんと子のために。っていうた」

ほいで、手術終って、うっすら目を開けたら

みんなが大丈夫か、大丈夫かー、特に父さんの半泣きの声がちらっと聞こえて

そのまま、パタンと、また眠ってしもた。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

 

ナースセンターで気がついて次の日、冊子が配られた。

「タオルはしぼれますか?」

よし、しぼれる。

「ゴムのボールは握れますか?」

にぎれる!!

そして「歩きなさい」とかいてある。

 

タオルはしぼれるし、ボールはにぎれるし

よし、歩かなぁいかんか、ということで

集中治療室から一般病室に移動してきて1時間も経ってなかったんやけど

エレベーターまでずーっと50mくらい、天敵台を引きづりながら歩いてみて。

そして、また帰ってくる時に、ちょうど母と妹に会うて。

「なにやっとんのー!!!」て怒鳴られて。笑

「歩いとるんやわ。冊子に歩けってかいてあった」というと

「あんたなぁ、昨日手術したばっかりやでって」笑

そうかーっていうて、立とうとすると

ふらっとして、目が回って、急いでベットに横になって。

妹があわててナースコールしたら

看護婦さんがとんできて

「どうしたんですかー!!」って。

「いや、歩いてたんです」っていうたら、そりゃあ怒られてね笑

でも、よう考えたらお腹がすいとったんやね。

ずーっとなにも食べてなかったから。

お昼が間もなくやってきて、どんぶりいっぱいのお粥を食べたら

元気になって。

さぁ、歩きにいくぞ、とメラメラしてきて。

よし、と思うて、400mの病院の廊下を5周歩いたね。

あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ
あっちゃんカルタ

←前へ

次へ→

合同会社 エレマンの気まぐれ商店

コンテンツ・商品に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

E-mail eleman@kimagureshop.co.jp

〒715-0603 三重県志摩市大王町波切928-8(荷作り所)

FAX  0599-72-5052

アトリエ・エレマン・プレザン又はダウンズタウンプロジェクトに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

E-mail aep@w7.dion.ne.jp

© 2015 by element no kimaguresyoten