第7回

1000人に1人の比率の意味

社会的な話題にもなりましたが、

出生前診断と言うものが世界中で広がっています。

内容はダウン症診断と言ってさえいいような

要素があります。

僕たちは何も知らずに1つの文化を葬ろうとしている、

そんな社会が健全であるはずはないと思います。

 

冒頭でも言ったように

ダウン症の人の染色体異常というのは

医学的にもまだよく分かっていません。

データとしては1000人に1人というふうに言われています。

これは世界共通です。

どこの世界でも特別な何かをしなければ

1000人に1人と言われている訳です。

他の障害に比べて特定できる原因というのは、

ダウン症についてはほとんどない、のです。

1000人いたら1人生まれるわけですけど、

それが誰のところに生まれるかはわからない、

という人達です。

            

その比率をみたら、

かなり注目されていいことなんですけど

そのダウン症の人達の文化というものをちゃんと

認識してもらうという形を作った方がいいと思うんですけど

まだないです、どこの国にも。

だから、こうして

日本から発信しようとしている訳なんですけど、

ひとつには、彼らの持っているそういう平和的なセンスが

彼らの存在しているメッセージというか

意味なんじゃないかと思う訳です。

1000人に1人というのは、

いつの時代からかそうなっている訳ですけど

人類というのは、

こういう比率でいなければいけないからこそ

生まれてきているというふうに

もちろん、これは科学的には証明できない事なんですけれど

僕らがもし解釈するのであれば、

それがじゃあ、なんの為になのか、

ということを内面の部分に関しては、

全く今まで見られていません。

それを読み解こうとするべきなんです。

存在している以上。

 

それを読み解こうとした時、ヒントとしては

僕らはずっと何千年かの歴史の中で「争いしかやってない」

という事だと思います。

ひとつも、まとまった文明、平和が持続できた文明を作れてないのです。

これが全てなはずがないのです。

 

人間というのはもっと可能性がない訳はなくて、

もっといえば、生まれてきて成長してお互いの価値を尊重して平和に生きるという

単純なことが出来ないはずはありません。

そういう部分を、もしかしたら、ダウン症の人たちはその感性を通して

教えてくれているのかもしれない、と言うことを彼らの中から見いだせる訳です。     

もし違っていても、ぼくらはそう読み解くことによって

少なくともマイナスではないと思います。

獲るものは大きいと思っています。

合同会社 エレマンの気まぐれ商店

コンテンツ・商品に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

E-mail eleman@kimagureshop.co.jp

〒715-0603 三重県志摩市大王町波切928-8(荷作り所)

FAX  0599-72-5052

アトリエ・エレマン・プレザン又はダウンズタウンプロジェクトに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

E-mail aep@w7.dion.ne.jp

© 2015 by element no kimaguresyoten