山彦鰹節の歴史

 

 

江戸時代   志摩地域によって、かつお節づくりが盛んとなり、鳥羽藩へ献上。

 

明治時代   地元名田村加工組合をつくり、八丁櫓を備えた手漕ぎかつお船で

       漁を行いながらかつお節の製造を行う。

 

大正時代   名田村加工組合で機関付きかつお船を導入するが、漁獲量の減少等で運用に失敗。

       (開発当初のエンジンで故障が多かったのが最大の原因か)

 

昭和11年  先代 山下羿三、波切町、鰹節業の伯父の下で製造業に従事する。

 

昭和20年  山彦商店としてかつお節製造業をはじめる。(波切節)

 

昭和60年  有限会社山彦鰹節設立(三重県漁業協同組合・指定工場認定)

 

昭和63年  山下勝日己 代表取締役に就任

 

平成元年   平成天皇即位の礼において、宮内庁御用達を受ける(本節)

 

 

合同会社 エレマンの気まぐれ商店

コンテンツ・商品に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

E-mail eleman@kimagureshop.co.jp

〒715-0603 三重県志摩市大王町波切928-8(荷作り所)

FAX  0599-72-5052

アトリエ・エレマン・プレザン又はダウンズタウンプロジェクトに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

E-mail aep@w7.dion.ne.jp

© 2015 by element no kimaguresyoten